愛知県からの引越し見積もり|安くする方法

愛知県から全国の主要都市への引越しを予定されている方へ、
このサイトでは、愛知県から全国の主要都市の引越し概算見積もり額と、
引越し費用を安くするための見積もりの方法をご紹介しています。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

愛知県から全国の主要都市の引越し概算見積もり額

 

愛知県から全国の主要都市への引越し概算見積もり額は、
このページの下の方にある、各引越し先別のページからごらんください。

 

愛知県内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
愛知県内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
愛知県内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
愛知県内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、愛知県内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

もちろん引越しの費用は、同じ人数であっても、
荷物の量や、搬出・搬入のしやすさなどによって違います。
また、引越し業者によっても価格はかなり違います。

 

自際の引越し見積もりは、引越し先までの距離、
荷物の量、搬出・搬入のしやすさ、サービス内容
といったことによって違ってきます。
また、引越し業者によっても見積もりは違います。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

 

■引越料金の見積もり
引越し料金ってだいたいどのくらいなんでしょう?引越しをする前には、引越し各社の見積を比較してみて、一番条件のよい業者に決めるのがよいです。極端な場合は料金が2倍以上差があったりしますよ。引越しの見積もりによって、各引越し会社の料金の違いやサービス内容に違いはあるのか、比較することができます。引越し前に見積もりをするのは、ほとんどの引越し会社で行われています。実際にどうやって見積もりしてもらうかというと、引越し業者に電話をして見積もりを依頼します。そうすると、引越し業者の営業担当が訪問して見積もりをしてくれます。どうやって引越し料金を計算するかは、だいたいの業者が同じようなものかと思いますが、荷物の量は全部でどのくらいなのか、その中で特に大きな荷物があるかもチェックします。その他にも、新しい引越し先までも距離ですとか引越し先での荷物の搬入のしやすさなども引越しの見積もりの金額に関係すると思います。見積を提出してもらったら、その金額を見て検討するのですが3社くらいから見積書を出してもらうことでほぼ同じようなサービスないようであればだいたいは安くて対応もよかった業者を選ぶでしょう。金額にそれほど差がなくてもサービス面を比較して選ぶこともできますので、引越しの見積もりをしてもらえばお得な引越し会社を見つけることができますね。

 

■引越しの見積もり比較
引越し料金って業者によってけっこう違うんですよ。引越し見積もりを比べてみるといいましても、一体どんな点を比較すればいいと思いますか?見積もりを比較する場合は基本的には、値段を比較するのは金額の他にもサービス内容でも比較をしてみることも大切なことです。というのは、引越し業者から見積書を出してもらったら、引越しプランが同じであってもダンボールやガムテープの他にも、ハンガーボックスや布団袋あるのかとか梱包資材はどんなものを用意してくれるのかとかも引越しの見積もりを比べる際には注意してみるとよいでしょう。業者によって、引越し見積もりに訪問した時に何かプレゼント特典があるとか、そういったキャンペーンなどを行っていることもありますし、タンスの中身はそのままでいいという業者もありますし、タンスは空にしておかないといけない場合もあります。引越しの見積もりをしてもらったら何社かに見積もりをしてもらって、金額やサービス内容を比べてみるのがいいですね。数社から見積書を出してもらうことによって、値段ではどの引越し業者が安くて、サービスがよいのはどの会社なのかが、明確にわかってくると思います。ですので、実際に引越し業者によって金額はかなり違いがあったりしますので、数社比較をしてみると一番よい業者を見つけることができます。

 

■引越し料金の仕組み
引越し料金の仕組みについて紹介したいと思います。引越し料金の計算方法についてなのですが、運送料と人件費、梱包費と交通費、保険料などから料金を計算しています。はじめに引越し料金の中の運送費ですが、運送費は運賃と作業の料金が含まれています。どのくらいの大きさのトラックが必要なのか、作業量はどのくらいの時間になるのか新しい家までの距離はどのくらいあるのかで引越し料金の価格は変わってきます。大きなトラックが必要になれば当然引越し料金の金額は高くなりますし、当然ですが、引越しに使用するトラックの台数が多くなるほど引越し料金の値段は高くなりますし、もちろん、引越し先が遠ければ遠いほど引越し料金は増額になりますし、他にも、人件費についてですが、これは引越し業者の作業員のことで必要な作業員の数が多ければ多いほど引越し料金の金額は高くなります。その他にも梱包費と交通費といいますのは梱包費については、梱包資材や梱包作業が含まれています。交通費といいますのは、下道で有料道路を使わなければ必要ない料金です。そして、引越しの保険料は、業者によって有無を確認しておくといいと思います。事故などがあった場合には、保険に入っていないと、困ってしまうことがあるかもしれません。引越し業者の料金はこういったものの合計になっています。最近は、業者間の競争も激しいので、いろいろサービスがありますので、数社の業者を比べてから選ぶのが賢い方法です。

 

■引越しのオンライン見積もり
インターネットを利用して引越し業者に見積もりを依頼することもできます。とくに一括見積り比較というシステムもありよく利用されています。これを使うには、住所やメールアドレス、その他必要事項を入力すると一度入力をするだけで多数の引越し業者に見積もり依頼をすることができるというのがそれによって比較をしてお得な業者をみつけることができます。多くの引越し業者に自分で見積もり依頼の連絡をするのはなかなかめんどくさいですが、一括見積であれば、一回の作業でまとめてできるので、多くの人が利用するようになってきているようです。ただ、この段階での見積もりでは、かなりアバウトな料金しかわからないので、やはり引越しの見積もりをする場合には実際に荷物や搬出方法などを確認して、見積もりをしてもらうという方法になります。ネットの一括見積の利点としては、一社一社自分で引越し料金の見積もり依頼をしなくてもよいことで、自分が知らなかった引越し業者からも見積もりをもらうことができます。多くの引越し業者の見積もりを比べることで最もお得に引越しができる会社がわかりますから、一番お得な会社を選ぶことができるということです。実際に引越し料金は業者によってけっこう差がありますから、引越し業者を決めてしまう前にぜひ使うとよいです。

 

■引越し業者の種類
引越し業者の種類について紹介したいと思います。引越し業者といってもいろいろな引越し業社があります。テレビCMで聞いたことがある大手の引越し業社だったりその地方に根差しているような中堅業者もあります。また、引越し専門業者以外にも運送業者も引越しサービスをしているところも多くあります。引越し業社にはこのようにいろいろありますが、どの引越し業社を利用するのがよいのかは自分の引越しに合わせて選べばいいと思います。例えば、学生などの引越しの場合では、レオパレスなどのような賃貸物件に住むという人もいるのではないかと思います。そのような場合にはそれほどの作業もないですので、運送業者の単身パックのようなサービスを利用すれば安く済むと思います。他にも、独身者の転勤などの場合でも、大手の引越し業社の単身用の引越しサービスが用意されていますので、そちらを利用すればあまり手間をかけずに単身の引越しができるのではないかと思います。こんなように、引越し業社は自分の荷物の量や内容などに合わせて決めるのがよいのではないでしょうか。引越し業社を選ぶときには、3社くらいの引越し業者に見積もりをしてもらって価格を比較して選ぶ他にも作業員数やトラックの大きさなども確認して、一番条件のよい引越し業者に依頼するのがよいですね。

 

■引越しのスタイルで業者を選ぶ
引っ越し会社やプランやパックなどいろいろありますが、家族や荷物の量などを考慮することで、引越し業者の選び方も変わってくると思います。例えば、大家族で引越しする場合には、人数が多くなればなるほど、沢山の荷物がありますから、当然、引越しの作業量も増えることになります。小さな子供などがいる場合は、子供も見てなければいけないので、一家そろっての引越しの場合は、自分たちでできる作業の量や作業の範囲を考えて、引越し業者を選ぶという方法があります。小さい子供がいる家庭の場合ですとか、高齢のお年寄りがいる家族の引越しでは、子供やお年寄りの分も引越しの準備が必要ですし、もちろん仕事もしなければなりませんし、仕事をやりながら、家の引越しの準備をするので、なかなかできないのが実情ではないでしょうか。このような人の引越しの場合には、おまかせコースとからくらくコースというような梱包も手伝ってくれるようなサービスのある引越し業者とそのサービスを選ぶことで、引越し業者がやってくれるので助かると思います。また、単身での引越しの場合では、荷物が少ないですから家族で引越しをする時に比べれば、引越し作業と言ってもそれほど大変ではないでしょう。単身引っ越しパックのようなものを得意としている業者に頼めば、てっとり早く、わりと安い料金で引越しができると思います。大人数の引越しと違って、単身でしたら荷物も多くないので、単身パックのようなサービスを選べば、難なく引越しも住んでしまうと思います。

 

■引越し業者ランキング
引越し業者のランキングが掲載されているサイトがありますが、どの引越し業者を選んだらいいかよくわからにという人にはかなり参考にしてよい情報ではないでしょうか。引越し業者のランキングでポイントが高いところは、対応の悪い業者にはあまりあたらないと思います。このランキングは、どこで掲載されているかというと多数の引越し業者の見積もりを一括してできるようなサイトによく紹介されています。何を基準に評価するかもいろいろあって費用が安い業者のランキングがあったり、受付の対応や訪問をした時の対応、引越し作業員の態度がよいかといった評価、作業の質がどうであったかということの評価によって、引越し業者のランキングが付けられています。近々、引越しをする予定のある人にとっては、どの引越し業者を選んだらいいのかわからないという人が多いと思いますけれど、そう思っていたら、このランキングの評価を見てみると信頼できる引越し業者がどこなのかがわかって便利だと思います。ランキングだけでなく、口コミや感想なども掲載されていて、実際に利用した人の率直な感想が書かれているので、どの引越し業者を選んだらいいかを決めるために、とても参考になる情報ということができます。

 

■引越しの追加料金
引越し業者を頼む場合には追加料金というのは基本的には、発生することはありません。見積もり、契約をした時点でお互いに取決めした料金がすべてです。というわけで、契約をした後に引越しの追加料金が発生するというのは基本的にはありえないのです。しかし、必要になる場合があるなら見積もりをした時の荷物の量や引越し先での搬入のしやすさなどの条件が見積もりをした前提条件と違っていたケースなど別途費用が発生するケースはありえます。見積もり時より荷物が増えていて、当日、トラックに積み切れなくて、積み残しになってしまったら、さらに往復をしたり、別のトラックで荷物を運ぶなどして引越を終わらせる必要があります。見積もりをしたときに正しく自分が情報を伝えなかったことが理由で当日、別のトラックの手配などが必要になったら、引越しの追加料金が発生しても仕方ないと思います。また、引越しの当日になって運搬作業を始める際に、まだ梱包作業ができていない状態で、引越し業者も契約外の荷造り作業に大幅に時間を取られたような場合もそのための費用を追加で請求されることもあります。追加で費用が必要になるケースというのも見積もりの際に聞いておくと安心です。引越の作業を予定通りに順調に進めるためにも、予定外の費用が発生しないようにするためにも、できれば前日まで、荷造りなどの準備は終わらせておきましょう。

 

■単身引越し
自分ひとりで引越しをする場合は、単身引っ越し向けの商品があります。単身の人、学生の一人暮らしの人の場合には、家族の引越しとは全くタイプが違っていると思います。単身の引越しの場合は、大きな家具や家電もないですし、荷物も自分の分だけですから、それほど多くならないでしょう。単身引っ越しの場合は、家族の引越しにあるような梱包資材のプレゼントや家具への保険というのはあまり必要ないと思います。それよりも少しでも引越しにかかる費用を安くしてもらったほうが嬉しいのではないでしょうか。単身引っ越しの場合は、荷物の梱包なども簡単でいいことが多いですし、引越し先まで、引越し業者のトラックの助手席に乗って行けるというサービスがあることが一般的になっています。独身者や単身赴任の場合はそれに合った、また、学生の入学などの場合にはそれに合ったような、引越しプランもあるので、それを申し込んだほうか、料金も安く済みますし、サービスもそれ用に設計されているので使い勝手もよいと思います。単身の引越しパックはだいたいのの引越し業者であるのではないかと思いますので、各社、若干サービスに特徴もあったりしますから、自分の引越しの場合、どれが一番良い内容か、使い勝手のよいものを見つけて申込みするとよいですね。しょせんは自分ひとり分の荷物の量ですし、料金も安くつくのがほとんどです。

 

■引越しのらくらくパック
引越しのらくらくパックについて紹介したいと思います。らくらくパックという引越しプランは頼める引越し業者も多くなっていますが、呼び方ややってくれることもそれぞれの業者で違うかもしれませんが例えば、ヤマト引越センターでしたら、引越しらくらくパックという名前になっていたと思います。日通ではゆうゆうこんぽだったのではなかったかと思います。松本引越しセンターではおまかせコースだったかと思います。引越会社の作業員が荷物の梱包から荷物の搬出から搬入まで何から何までやってくれるというプロの引越し業者が全部やってくれるサービスの商品がこのらくらくパックです。荷造りから荷解きまで全て業者がやってくれますけれど、荷造りをする前の荷物の仕分けなどに関しては、依頼者側でしておかなければなりません。引越しのらくらくパックのサービスで、荷解きまでやってくれる引越会社の場合でもダンボールを片付けてくれるだけで荷物の片づけなどは自分がしなければなりません。しかし普通の引越しのプランに比べると少々割高ではありますが、業者がかなりの部分をやってくれますので、実際に、楽に引越しができるのは間違いないですね。赤ちゃんやお年寄りがいる家庭では準備するのも大変だったりしますので、こういったパック商品を利用するのが、便利でいいかもしれませんね。

 

愛知県内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
愛知県内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
愛知県内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
愛知県内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、愛知県内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

もちろん引越しの費用は、同じ人数であっても、
荷物の量や、搬出・搬入のしやすさなどによって違います。
また、引越し業者によっても価格はかなり違います。

 

自際の引越し見積もりは、引越し先までの距離、
荷物の量、搬出・搬入のしやすさ、サービス内容
といったことによって違ってきます。
また、引越し業者によっても見積もりは違います。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

 

■自分で引越し
引越しを自分でやろうと思っている人も一人暮らしなどの場合は多いかもしれませんね。引越し業者を頼まずに引越しをする場合の、メリットとデメリットについて一応考えておくのももよいかと思います。なんといっても、自分で引越しをすることのいいところはまずは、引越し業者の料金が必要ありませんから、その分のお金がかからないで引越しができます。さらには、自分で引越しをしたほうが気分的に楽なこともあるかもしれません。引越し業者に頼むと、初対面の引越し業者の作業員に、どうするのかいろいろと説明したり予定外のこともなにかと起こりえますし、神経質な人は気分が疲れてしまうかもしれません。引越しを自分で行うと友だち同士などある程度気心の知れた仲間なので、業者を頼む場合に比べて気楽にできるかもしれません。ただ、自分で引越し作業をやる場合は、メリットだけでなくデメリットもあります。自分で引越しをするデメリットは意外にも、引越し業者に頼んだ方が安かったということになることもありがちなのです。例えば友達に手伝ってもらってそれなりに食事をおごったりしますし、トラックをレンタルしていて、なんだかんだで引越し業者を頼んだ方が安かったのではないかなどということになってしまうこともよくあるようです。また引越し業者を頼まないでする場合には、引越し業者のように、プロが引越しを行うわけではありませんから、これもよくありがちなことですけど、床を傷つけてしまったりですとか、いろいろと困ったことも起こってしまうものです。現実にそういうこともあるので、引っ越しを自分ですることは安く済む場合もありますが困ったことも起こりがちなので、そこらへんも考えたうえで決めるとよいかもしれません。

 

■引越しの手順
引越しといいますと、それなりに大変ではあるのですが、まずは何からはじめたらよいのか・・・引越し作業をスムーズにこなすには手順というものがあります。引越しの日を決める、それに向けてどう準備をしていくのか、計画というものがきちんとできているかが引越しが上手くいくかどうかにかかわってくるのです。引越しの手順がきっちりと計画されていれば、費用や手間を省くこともできますし、効率よく引越しを済ませることができるでしょう。そんなわけで、引越しの予定ができたら、まずしっかりとプランを立てることから始めます。引越しの日取りやどこの引越し業者に頼むのか、だいたいの引越しの時間も考えておくことが必要です。引越しのプランをきちんと立てることで引越しが上手く完了するかどうかは決まってくると思います。引越しの計画が立てられたら次は、すぐに荷造りを始めるのではなく、まずは必要なものと持っていかない荷物を分けて必要ないものは整理するという荷物の量を減らすことが必要です。ある程度荷物の整理ができれば荷造りも楽になります。この下準備がないと荷物の仕訳をしながら荷造りをすることになって無駄な時間をつかってしまいます。効率よく荷造り作業を終わらせるためには、ある程度のいらないものを処分することが必要です。そして引越しの当日になって、荷物を新し家への搬出作業、引っ越し後の荷物の整理というように引越し作業を行っていきます。この間にも、引越しする前にご近所へのあいさつですとか引越し先でのあいさつなどなにかと大変なので、しっかり準備をしておきましょう。

 

■引越しの計画
引越しでは計画を立てるのが最も重要ということができます。この引越しの計画をちゃんと立てておかないと段取りよく引越しを終わらせることができません。引越しをスムーズに済ませてしまうためにも先に引越しの計画をきちんと立てましょう。まずは、引越しの予定日ですが、時期によっても事情が変わります。春先の月月は転職や入学、就職によって引越し業者も忙しくなりますので、料金もアップしますし、サービスレベルが下がったり引越し業者の予約も取りにくかったりします。というわけで、引越しの日はできるだけ早めに決めておいてできるだけ繁忙期は避けたほうがいいかもしれません。ほかにも、時間によっても違いがあります。引越しについては、時間帯が遅くなれば遅くなるほど金額は安くなるといわれていますから、引越しの予定を立てる場合には、引越しの時間についても考えてみましょう。引越しの計画がある程度できたら、まずは何社かの引越し会社に引越しの見積もりをしてもらいましょう。引越しの見積もりが終わって比べることで引越し業者も決まると思いますから、これである程度の引越しの計画が立つと思います。引越しの業者、日が決まってしまえばそれに合わせて準備をしていけばよいかと思います。

 

■引越しの荷物の仕分
引越しの荷物はなるべく少なくしておくのがいいと思います。引越しというのはいらないものを処分するいい機会でもあります。それに、荷造りに取り掛かる前に、引越しの荷物のある程度の整理を先にしておくことで荷造り作業にかかる時間も少なくなります。例えば、まずは、いらない洋服を仕分しましょう。最近きていない洋服、古くて着なくなった洋服を整理することで引越しの荷造りの下準備になります。そして引越しの準備をしてるときに不用品が出てきた場合には、不用品の処分方法についても考えましょう。リサイクルショップで引き取りしてくれるものか粗大ごみとして処分するものなのか不用品の処分についても手配をしておけば引越しの間際になってあわてなくても大丈夫です。家電などは種類によって、リサイクル法で処分方法が決められていますから、必要な家電、処分する家電などの整理も事前にしておくといいかもしれません。引越しの荷造りに入る前に荷物の仕分をしておくと荷物の量を少なくしておくことができますので、かなり荷造りもはかどると思いますから、引越しをすることが決まったら、できればすぐにでも、持っていくものの整理に取り掛かるとよいと思います。

 

■引越しの荷造り
引越しの荷造りのコツについてですが、引越しの荷造りをする際には梱包方法に注意してみましょう。梱包は最近では引越し業者に頼む人も多くなっていますが、自分で引越しの梱包作業をする場合には、色々な注意点がそれぞれの梱包をするものによってありますから、それについてご紹介しますと、例えば食器などの割れ物を梱包する場合に、引越し業者がやってくれる場合は壊れやすいものは出来ればプロに任せるのがいいと思います。食器は強度によって梱包のやり方がありますから割れないような梱包をしてもらうことが引っ越し業者なら知っていると思います。食器の梱包を自分でする場合には、プチプチシートなどを使うのがよいとおもいましょう。引越しの荷物には自分で持って行ったほうがいいものがあります。それはもしも紛失してしまったら自分の宝物や貴重品などは自分で持って行くべき荷物になります。例えば高い宝石や装飾品など預金通帳、実印や株券、もちろん現金もそうです権利書や株券など自分で持っていくのが安全です。荷造りをする場合には、中に何が入っているかわかるように外箱にマジックなどで書いておくと、またどこの部屋に運ぶのか書いておくのが運び込んだ後で荷物を整理するのに便利です。

 

■引越しの当日
引越しをするその日の作業は、引越し会社の作業員の人がやってくれますが、こちら側も、それなりにやることはいろいろとありますね。まずは、引越し業者の人に必要な指示をすることで、運搬作業もスムーズに進みます。例えば大物の家具などはまずは配置図を引越し業者に渡しておくと引越し業者も運搬の順番などを考えて作業をすることができますし、あるいは、配置図まではつくっておかなかったとしても、当日適切に指示をしてあげれば作業が効率よく進みます。引越しの当日は引越しが無駄なく進むように、前もって、大まかな当日の作業予定や終了時間確認、大きな荷物の搬入経路、運搬方法の確認などをしておけば、作業もスムーズに進むと思います。もしも特殊な物の搬送がある場合には、前もって引越し業者に確認をしてもし対応ができなかった場合には他の業者を手配しておく必要がありますのでそちらも引越しをする前に手配しておく必要がありますね。引越しの当日は引越し業者に全部任せておけばよいと考えている人もいるかも知れませんが、決してそうではなく引越しのその日も色々とスタッフに指示を出したりといったように、引越し作業がスムーズにいくように自分達でもスタッフを手伝う必要があるので何かとたいへんだと思います。

 

■引越しに必要な梱包グッズ
引越しに必要な梱包のグッズを紹介したいと思います。荷物を梱包するあたりから準備を始めると思いますが、まず一番に段ボール箱が思いつくかと思います。もちろん、ダンボールは引越しにはなくてはならないものですが、では、引越しに必要なダンボール箱というのはどのくらいかと言いますと、一人あたり箱くらいが目安なのではないかと、言われていますから、それくらいの段ボール箱が必要です。ダンボールは、最近どこの引越し業者でも、事前に、必要数を無料サービスでくれるところがほとんどですから、自分で用意する必要もなくなっていますから助かります。その他にも、ワレモノなどを梱包するのに、プチプチシートとか緩衝材なども必要です。これもわりとくれる引越し業者が多いですし、ワレモノはこのようなものを使って梱包しましょう。グラスやお皿などを梱包するためには、新聞紙も必要です。新聞紙は引越しの梱包に色々と使えますからわりとたくさんあってもいいのではないでしょうか。その他にも、ガムテープやひもなども、もちろん、必要になりますよね。その他にも、これも言うまでないですが、カッターナイフやハサミなどの刃物や、軍手もあると助かることが多いです。そして、それぞれの荷物に、どの部屋に運び込むのかを書いておくようにマジックも用意しておくといいと思います。

 

■引越しと防震
引越しと防震について紹介したいと思います。ここ最近では、主な引越の会社さんでも家具を配置する際に防震グッズをしてくれるサービスを行っているところがあります。地震対策などに色々なグッズの取扱が引越各社それぞれ持っているようです。例として、新居に家具を運搬、設置をしたら地震で家具が倒れないようにする家具の固定金具を取り付ける方法ですとか、家具などをおく場合に下に免震用のシートを入れておくという方法もあります。引越が終わってしまってからそういったことをしようと思うと一苦労ですよね。地震対策グッズを買い揃えるのも大変ですが、引越し業者に頼めば、荷物を動かすついでにできるので合理的ですね。このようなオプションでは、それぞれの引越し業者によってもやってくれることに違いがありますし、対策費用にも違いがあるのではないかと思います。各社のホームページなどを見てみると、どのような地震対策をしてくれるのか載せられているはずですから、まずはそれを見てから違いを比べてみるのがよいかと思います。引越しを機会に地震対策に努めるということは大切なことではないでしょうか。通常は引越し会社の方から地震対策を強く勧めてくるわけでもないので、やっておきたい場合は、こちらから依頼をしておくことが必要です。

 

■引越しの各種手続き
引越しが決まったら、電力、ガス水道などの手続きや電話の手続きについて忘れずにやっておかなければいけません。最初に、同じ市内に引越す場合以外は、電話番号が変わりますから引越しをする前に116番に連絡をして、移転や番号変更などの手続きをしておきます。電気に関しては、電力会社のホームページなどに引越し手続きの窓口が書いてあるので連絡して、引越し予定を伝えて手続きをします。引越し先の電力会社にも、同時に、連絡して、引っ越し後、すぐに電気が使えるようにしておかなければなりません。ガスについても、窓口を調べて、引越してすぐ使えるように、連絡をして手続きしておくことが必要です。引越し先のほうの手続きでは、そこのガス会社の連絡窓口に電話をして手続きをしてその日になったら、作業員が来て、点検などして、ガスが使えるようにしてもらいます。引越しが決まったら、水道局には、引越しをするだいたい−日前に引越しする日で止めてもらうよう手続きしておきます。新居のほうの水道局にも連絡して入居日に水道がでるように手続きをします。だいたい引越しの際の手続きはこんなもんですが、これらの引越しの際の手続きは、賃貸物件に引っ越しをする場合ですと、不動産屋さんのほうでやってくれる場合もありますし、特に自分で何もしなくてよい場合もありますので、また、新居が新築の場合などでは、これらの手続き以外の手続きが必要になってくることもありますから不動産業者やライフラインの窓口で個々に確認をしておく必要があります。

 

■引越しの色々な手続き
引っ越しの際の手続きもいろいろあって忘れないようにしなければいけませんね。住民票の移動など、役所に関わる手続きの他にも、例えば、新聞の購読を契約している場合、その他にも、銀行などの住所変更をしておくこともまた保険に入っていると思いますが、住所変更などの手続きが必要になってくると思います。例えば保険の場合には、生命保険、自動車保険ですが、その他にも、ガン保険とか、養老保険とかいろいろあったりしますので、そういったものも、全部住所変更の手続きが必要になりますね。また、引越しをした場合は、郵便局にも手続きをします。郵便局に行って、転居届の用紙に記入して、ポストに入れておけば、旧住所宛の郵便物が送られてきた場合には、自動的に、一年間は、引越しした後の住所のほうに転送をしてくれるようになりますので、必ず、届を出しておくようにしなければいけませんね。他にも、携帯電話なども住所変更が必要ですし、インターネットの回線も早めに移転の手続きをしておくことで、入居をした日からインターネットを使えるようになりますので便利です。

 

■名古屋市の公共機関、電気・ガス・水道の引越しの連絡先電話番号
名古屋市役所 愛知県名古屋市中区三の丸三丁目1番1号 
電話番号:052-961-1111(代表)

 

【電力】
中部電力
熱田営業所 0120-985-710:熱田区、昭和区、瑞穂区
港営業所 0120-985-711 :中川区、港区
天白営業所 0120-985-713:天白区
旭名東営業所 0120-985-717:名東区、守山区
北営業所 0120-985-720 :北区、西区
中村営業所 0120-985-723 :中村区(JR東海道本線以西)
中営業所 0120-985-729 :千種区、中区、中村区(JR東海道本線以東)、東区
緑営業所 0120-985-760 :緑区、南区

 

【ガス】
東邦ガス お引越し専用ダイヤル 0570-015456

 

【水道】
名古屋市上下水道局 お客様受付センター 052-884-5959

 

愛知県内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
愛知県内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
愛知県内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
愛知県内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、愛知県内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

もちろん引越しの費用は、同じ人数であっても、
荷物の量や、搬出・搬入のしやすさなどによって違います。
また、引越し業者によっても価格はかなり違います。

 

自際の引越し見積もりは、引越し先までの距離、
荷物の量、搬出・搬入のしやすさ、サービス内容
といったことによって違ってきます。
また、引越し業者によっても見積もりは違います。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド